2018年6月21日 (木)

復帰しました。 (2097)

2018年6月21日

お休みしている間に Leg 10は、終わっていたのですね。

さすがMAPFRE号が、トップですか! 

混戦ですね。 最後の Leg11で決着か!

楽しみです。

Score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

一時休憩のお知らせ! (2096)

2018年6月4日

Volvo Ocean Race Leg 10 は、6月10日スタートです。 

残念ながら Super tantanは、この間旅行に出かける予定です。 

レース模様は、オリジナル記事をご覧ください。

Leg 11のスタートする頃は、戻ってきている予定です。

何時もご覧になって頂いている皆さま、御免なさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

もう次回のレースかよ! (2095)

Newco
Richard Brisius 会長

2018年5月31日

 Volvo Ocean Race レース事務局は、次回のボルボ・オーシャン・レースを2021年に開催すると発表した。

 次のレースでは、二つのタイプの船を採用するようだ。  一つは勿論現在使用されている One Dsign艇 Volvo Oean 65艇で、もう一つはまだ決定されてはいないが、新しいタイプの船となる。

 この二つの船のグループは、同じカテゴリーとして、一緒にレースをするようだ。  

 新しく採用される船も期待が持てそうですね。

 それまでSuper tantanが、生きていれば良いのですが。

オリジナル記事の抜粋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月30日 (水)

Leg 9、終了! (2094)

2018年5月30日

Volvo Ocean Race Leg 9が、無事に終了した。

  David Witt 艇長が率いるSun Hung Kai/Scallywag 号が、トップと1日遅れでフィニッシュした。

 「 Cardiffに到着出来て、良かった」と Walesで育ったTrystan Sealさんが言っていた。

 これで長距離Legは、全て終了した。 これからは、CardiffからスエーデングーテンベルグまでのLeg 10。

 グーテンベルグからオランダの HagueまでのLeg 11が、残るだけである。

現在の総合得点は、下記のとおりです。

1. Dongfeng Race Team –      60 points (中国)
2. MAPFRE –            59 points (スペイン)
3. Team Brunel –          57 points (オランダ)
4. team AkzoNobel –        48 points (オランダ)
5. Vestas 11th Hour Racing –    36 points(米/デンマーク)
6. SHK / Scallywag –        29 points (香港)
7. Turn the Tide on Plastic –   26 points  (国際連合)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6隻が、フィニッシュ! (2093)

2018年5月30日(日本時間)

30日現在;

6隻がフィニッシュしましたが、Turn the Tide on Plastic 号は、まだ走っています。

得点は、下図を参照ください。

Lank20180530a

喜びの動画は、こちらです。

Leg 10のスタートは、6月10日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月29日 (火)

Leg 9, Brunel号 優勝! (2092)

Brunelwin

2018年5月29日

 Bouwe Bekking艇長が率いるBrunel号が、Leg 9で勝利を勝ち取った。 これは大きい。 総合優勝の可能性も出てきたのだ。

 Leg 6では屈辱の第6位だったBrunel号だが、その後の成績は、1位ー2位ー1位と大躍進である。 総合成績でトップに立つのも、夢では無くなってきた。

 そして、オランダ仲間の AkzoNobel号の艇長 Simeon Tienpontさんとの戦いでもあった。 

 フィニッシュに近いブリストル海峡は、風が弱く潮流の激しい処である。 Bekking艇長は、巧みに船とクルーを指揮し、AkzoNobel号を4分05秒の差で勝利を勝ち取った。

 更に重要な事は、15ポイントの獲得である。 総合得点で、トップを窺う範囲に入ってきたのだ。

 「この結果に、非常に満足している。 宿敵 AkzoNobel 号、そして赤い船2隻をも破る事が出来た。 最高のチームだ」

 「でも狙いは、その先にある。 総合優勝が最大の目的だ!」

 AkzoNobel号もこのLegは、忘れる事の出来ないLegとなる。 24時間走行距離の世界新記録が創られている。

 「信じられないレースだった。 我がチームを誇りに思う。 フィニッシュ・ラインを切るまで、一時も気を抜か抜かなかった。 第2位か、凄い!」 と  AkzoNobel号の艇長 Simeon Tienpontさんが、フィニッシュ直後に語っていた。

 「記録を作った時は、楽しかった。 あの調子が、今後も続いてくれると嬉しい。 メルボルンを出てからの数々のレースは、信じられないくらい素晴らしかった。 これから、MAPFRE 号も Dongfeng号を抜いて見せるさ」

 3位でフィニッシュするのは、Dongfeng号だろう。

オリジナル記事は、こちらです。

航跡図は、こちらです。

得点表は、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秒読み! (2091)

Harukakanata

2018年5月28日

トップBrunel号と Akzonobel 号の差は、僅か1マイル以下。 そしてフィニッシュまで、100マイルだ。 これぞ、 neck and neck レースだ。

3位争いも面白くなってきた。 現在3位は、中国のDongfeng号である。 前のLeg 8では、フィニッシュまでの数時間でDongfeng号は、入賞を逃し4位に甘んじていた。

風速は、10ノット以下まで落ちてきた。 風が強まる形跡は、今の処無い。 後は、潮流の読みだけである。 ここで、各艇のナビゲーターの実力が試されるのだ。

Brunel号のベテラン・ナビゲーター  Andrew Cape さんと、Akzonobel号の Jules Salter さんは、此処まで準備してきた全知識を振り絞っての戦いとなる。

「あと24時間の勝負だ。 Brunel号との一騎打ちとなった」 と Akzonobel号の Emily Nagel さんが言っていた。

「風速は、目まぐるしく変わっている。 タックの繰り返しになるだろう。 これからは、睡眠どころか休憩も取れない」

3位のDongfeng号に続いて、Vestas号が4位に居る。 その後ろには、総合得点トップのMAPFRE号だ。

オリジナル記事の抜粋

航跡図は、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月28日 (月)

オランダ・チームの接戦続く! (2090)

Saigo

2018年5月27日

 27日、オランダの2隻は、フィニッシュ・ライン目掛けて、大接戦を繰り広げている。 

 後300マイル、2隻の差は、たった2マイル差だ。 アイルランド西方沖にガッチリと居座っていた高気圧から逃れた船団は、最後のハードルへの挑戦となる。

 それは、英国最西端の Land’s End 岬の低気圧だ。 此処からの風が、船団には登り風となる。 そしてフィニッシュまで、最短距離で向かえるのだ。

 最高の操船技術が、要求される。 そしてどんなセールの組み合わせが、ベストなのか? 一時も気を緩められない。

 前のLeg 8では、最後の一瞬で勝利を手にしたBrunel号を、宿敵 MAPFRE 号と Dongfeng 号が許すはずが無い。

 27日1300UTC、Dongfeng号は32マイル、MAPFRE号は87マイル差で追っかけている。

 Brunel号のベテラン艇長 Bouwe Bekking さんは、スタート前からこの2隻の赤い船を警戒していた。 

 「最後まで、まだまだ油断できない。 この低気圧の扱い方で勝負が決まる。 登り風が続き、タックの応酬となる」 と Bouwe Bekking艇長が言っている。

 「Dongfeng号は、南西に向かうと思う。 彼らが勝てる、ただ一つの選択だからだ」

 「我々も一歩間違えば、勝ち目が無くなる」

 「我々の只一つの目的は、MAPFRE号とDogfeng号の打倒である。 そうすれば、総合入賞の可能性があるからだ」

 「今の処、我々が勝てると思っているがね」

 AkzoNobel号は、正に火の玉となって最後の力を振り絞っている。

 「長いマッチ・レースの準備は出来ている。 全員一丸となって、戦う」 と AkzoNobel号の Chris Nicholson さんが、熱い。

 チーム・レースとは別に、個人的なバトルも起きている。 二人のウエールズ人の戦いである。

  Turn the Tide on Plastic号のBleddyn Mon さん(

25歳)、そしてSun Hung Kai/Scallywag 号の Trystan Sealさん(25歳)だ。

 地元に凱旋を飾りたい。 二人の意地の張り合いである

 「このレースには、二人のウエールズ人が乗っているのよ。 その二人も、意地の張り合いレースの真っ最中。 地元に戻って、英雄になりたいだけなんだけどね」 と Turn the Tide on Plastic号のDee Caffari艇長が、笑って言っていた。

 「二人とも、地元では名士であることは良く知っているわ。 でもこの戦いは、ただ自慢話をしたいだけなのよ」

 今日の予想では、フィニッシュは28日夜遅く、または29日早朝となりそうである。 
  

オリジナル記事は、こちらです。

航跡図は、こちらです。

Map20180528a

Map20180528b

Lank20180528a



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

ギャップが、縮まるか!(2089)

Gap

2018年5月26日

 25日の記録的な走りを見せていたトップ・グループも、今日になって高気圧帯に入り速度が落ちてきた。

 今日のトップは、 AkzoNobel号である。 クルーは、昨日の最高の走りに未だに酔っているみたいだ。

 「今までは、600マイル/24時間走るなんて考えられなかった。 本当に嬉しいよ。 超カッコいい。 あらゆる条件が、完璧でなければ出来ない事だ」 と Chris Nicholsonさんが言っていた。

 残念ながら、喜んでばかりではいられない。 フィニッシュ・ラインの前には、強烈な高気圧がどっかりと居座っているのだ。

 「巨大な風の無いエリアが、待っている」 と 第3位にいる Dongfeng号の艇長 Charlles Caudrelierさんが、説明をしてくれた。

 「これは、風の無い壁だ。 これを通過しなければならないのだ。 しかもこの高気圧、我々と同じ方向に移動しそうなんだ。 ここに全艇が集まり、再スタートみたいになりそうだ」

 1位、2位の AkzoNobel 号と Brunel 号が、3~5ノットの風。 これでは、今まで苦労して走ってきた勝ち得た順位が徒労に終わるのか!

 25日1600UTC、トップとDongfeng号との差は62マイルもあったが、26日の朝は、25マイルにも縮まってきた。

 これは、後続艇にとっては朗報であるが、手放しでは喜べない。 

 「今の処、高気圧の移動は鈍い。 トップ2艇が巧く高気圧を通過出来れば、今度は後続艇がその泥沼にはまる可能性もある」 と Turn the Tide on Plastic号のナビゲーター Brian Thompsonさんが言っている。

 「下手すると、我々が高気圧に入った頃、その高気圧が英国に向かって動き出す可能性がある。 速く処高気圧の向こうに出て、良い風を捕まえたい」

 フィニッシュまで後600マイル。 予想到着は、29日の朝とみている。

オリジナル記事は、こちらです。

航跡図は、こちらです。

Map20180527a

Map20180527b

Lank20180527a



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月25日 (金)

オランダの2隻が、新記録! (2088)

Yellow

2018年5月24日

 オランダの2隻 AkzoNobel 号と Brunel 号は、互いに刺激し合い 24時間の走行距離の新記録を出した。 

 Brunel号Bouwe Bekking 艇長は、前回のレースで Abu Dhabi 号が作った世界記録 550.8マイル/24時間を軽く抜いてしまったのだ。

 しかしその新記録の寿命は、短かった。 Simeon Tienpont艇長の AkzoNobel 号が、あっさりと Brunel号の新記録を越えてしまった。

 24日、1706UTC、AkzoNobel 号は、566.02マイル/24時間と言うぶっ飛び新記録を立てた。

 Brunel号の短かった記録は、563.06マイル/24時間であった。

 だが、このオランダ野郎の2隻は、そのままでは済まなかった。

 24日1900UTC、

 Brunel号は、576.34マイル/24時間。 

 AkzoNobel 号は、579.12マイル/24時間。

 しかしこの様な状況は続くとみられていて、更なる新記録が生まれるかもしれないと言うのだ。 でもこれらの記録は、協会の承認を得た後に決まるものである。

 ちなみに、579.12マイルは、1073km、時速45kmである。

オリジナル記事は、こちらです。

航跡図は、こちらです。

Map20180525a

Map20180525b

Lank20180525b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«まだまだ順位は、流動的だ ! (2087)