« Super tantaは、いじめられっ子!(34) | トップページ | 一体貴方は、何者ですか?(36) »

2013年5月 6日 (月)

シベリアの蚊柱!(35)

110506kabasira2

漸く春らしくなりましたね。 ハーバーには、やぶ蚊が出てくる季節です。  こんな時思い出すのが、シベリアの蚊です。

シベリアの蚊は凄いのだ。
1~2m上空を蚊が飛ぶと、地面にその影を落とすくらい大きい。
蚊取り線香なぞ 「いい香りねっ!」 てな具合だ。

シベリアの川は、一般に南から北極海に流れる。
春になり上流から川の氷が溶けて北に流れるが、北の河口あたりはまだ凍っている。 そこで川の水は溢れる。

溢れれた水は、大湿地帯をつくり、そこに大量の蚊が発生するのである。 それこそ天文学的な数の蚊が発生するのだ。

蚊のメスは産卵に備えて哺乳類の血が必要になる。
家畜であろうとペットであろうと人間様であろうと、その血を求めて執拗に追いかけ回す。

ロシア人が外を歩くと、その頭上を蒸気機関車の煙みたいな蚊柱が、ゆらりゆらりとついてくる。 

これこそMy 蚊柱なのである。

この蚊はけっこう新しもの好きで、新しい人間の血を好むのである。 特に日本人のを。

始めてシベリアを訪れた時、蚊柱を従えたロシア人が村中をうろうろ歩いていた。

迎えに来てくれた日本人の頭にも蚊柱があった。 しかし彼がロシア人とすれ違うと、すれ違いざまにロシア人の蚊柱がひょっと友人の蚊柱に合流したのを目撃してしまったのである。

友人はニコニコしながら近か寄ってきた。 私は恐怖に、顔が引きつった。

二人分の巨大な蚊柱が、彼の頭上を垂直に立ち上がり、ぐらっと揺れてこちらに倒れて来るではないか!

”キャ~~~!! ” では無く、 

”蚊ッ~~~!!!!” と叫んでしまった。

お後が宜しいようで。

驚異の動画は、ここです。

 

そう言えば、シベリアの話は前にもしましたよね。 結構行ってたんだ。

 

|

« Super tantaは、いじめられっ子!(34) | トップページ | 一体貴方は、何者ですか?(36) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シベリアの蚊柱!(35):

« Super tantaは、いじめられっ子!(34) | トップページ | 一体貴方は、何者ですか?(36) »