« 白石康次郎、Vendee Globeに参加!(1627) | トップページ | Transat Barkerly レース2!(1631) »

2016年4月13日 (水)

白石康次郎さん、Vendee Blobeに参加表明!(1628)

Imagec1600756_2

2016年4月13日

白石康次郎さん(48歳)が、日本人として初めてVendee Globeに参加することになった。 彼は、レースに参加出来るIMOCA艇を既に購入している。 

しかし彼のチームはまだ発足したばかりで、まだ予算が確定していないのも事実だ。 レースがスタートするまでには、正式に参加手続きをすると言っていた。

「世界をまたにかけるスポーツは、Vendee Globeレース以外ないでしょう」

彼の船は、「Spirit of Yukoh号」と名ずれられた。 この名前は、彼の師匠である多田雄幸氏に敬意を表したものだ。

多田雄幸さんは1930年生まれで、タクシー・ドライバーであった。  彼は敬虔な仏教徒と言われている。 そしてBOC Challenge (1982-1983) レースで、Class IIで初めて優勝している。

白石康次郎さんは、ヨーロッパの外洋レースでは既に良く知られた方である。  彼が初めて知られるようになったのは、1998年のBruno Peyron レースにクルーとして参加した事である。 

このレースはサンフランシスコ~横浜間のレースで、前の記録を彼が破ったことで良く知られた。 

此のとき彼は26歳で、既に単独無寄港世界一周を成し遂げていた。 その後2006-2007 年、単独ストップ・オーバー付き世界一周レース Velux Five Oceansにも参加し、その実力を発揮した。 その時スイスの伝説 Bernard Stamm の記録は103日間でトップ、白石康次郎さんは118日間で第2位であった。  その時の彼の船の名前も「Spirit of Yukoh号」だった。 その船の前の持ち主は、同じスイス人のDominique Wavreさんだった。 

彼は、the Japanese sailing federation の強力な応援を得ている。 

Vendee Globeレースに参加する最初の日本人になりたい。 でも最後の日本人には決してしない」 彼は記者会見では、かなり緊張して語っていた。

Vendee Globe参加資格を取るために、 New York-Vendée の大西洋横断レースにも参加したいと言っている。

そして予算を獲得するために、クラウドファンディングにより資金を調達する計画も立てている。

オリジナル記事は、こちらです。

康次郎さんのHPは、こちらです。

クラウドファンディングが始まったら、是非応援してください。

 

 

|

« 白石康次郎、Vendee Globeに参加!(1627) | トップページ | Transat Barkerly レース2!(1631) »

Vendee Globe」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/63479645

この記事へのトラックバック一覧です: 白石康次郎さん、Vendee Blobeに参加表明!(1628):

« 白石康次郎、Vendee Globeに参加!(1627) | トップページ | Transat Barkerly レース2!(1631) »