« DidacCostaさん、再出発した!(1722) | トップページ | 風の谷間に注意が必要!(1724) »

2016年11月11日 (金)

フォイル付き、無し艇との対決!(1723)

Sailingaerialimagesoftheimocaboathu

2016年11月11日 現地時間

●本日、11月 11日(金)21:54~   放送局:テレビ朝日系列
番組名:報道ステーション
白石康次郎氏 洋上から生放送出演予定です。
是非、ご覧下さい。
※番組の都合上、放送内容が変更になる可能性がございます。

11日朝、先頭集団は、カナリー諸島を通過し、強い貿易風帯に向かっている。 そこで、最新のフォイル付きとフォイル無しの船ののトップ争いが行われている。

Vincent Riou さん(44歳)のPRB号は、昨夜ずっとArmel Le Cleac'h さん(44歳)の Banque Populaire VIII号より速く走っていた。 PRB号はフォイル無で、Banque Populaire VIII号はフォイル付きである。 この2隻が、トップ争いを続けている。 北東の貿易風18ノット(9m)の中で、互いに6マイル(11km)離れた処での争いだ。 

Vincentさんと、ジャッカルことArmelさんが、トップを争うとは誰も予測していなかった。 其処から36マイル(66km)後方には、Jérémie Beyou さんの Maître CoQ号が3位に付けている。

本目とみなされていたAlex Thomsonさんはポルトガル沖で、 東寄りのコースを選ぶというミスを犯し、後れを取った。 しかしこの夜、Alexさんが最も先頭集団に近づいてきた船である。 65マイル(120km)から53マイル(98km)まで縮めてきた。 

その後方、日本の白石康次郎さんは、この夜の間に15位に上がってきた。 

天候は、先頭集団に有利になりそうだ。 北東の風は、強くなり、急速にマデイラ島から離れてゆく。 マデイラ島の付近では12ノット風だが、時々20ノットを超すブローがある。 

Enda O’Coineenさん (61歳)(Kilcullen Voyager-Team Ireland号) は、東ルートを選び、ポルトガル沿岸沿いに走っている。 その方が、良い風が吹いているためだ。 しかし何れは、西に向かう必要がある。 そのタイミングが、難しい。

スペインのDidac Costa さん(One Planet-One Ocean号)は、北西の風の中でビスケー湾の中ほどまで来ている。 しかし今後風は強い南西に変わり、タックの連続が強いられそうである。

オリジナル記事は、こちらです。

Map20161111b

|

« DidacCostaさん、再出発した!(1722) | トップページ | 風の谷間に注意が必要!(1724) »

Vendee Globe」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/64474698

この記事へのトラックバック一覧です: フォイル付き、無し艇との対決!(1723):

« DidacCostaさん、再出発した!(1722) | トップページ | 風の谷間に注意が必要!(1724) »