« フォイル付き、無し艇との対決!(1723) | トップページ | 追いついてきた!(1725) »

2016年11月12日 (土)

風の谷間に注意が必要!(1724)

Canariasr16801200

Deventdesilescanariesr16001200

2016年11月11日 現地時間

遅れている Didac Costaさんを除いて全艇が、貿易風帯に入った。 しかし幾つもある小島の陰には、風の無いと処がある。 何処に風があるのか無いのか、これを判断するのは、かなり難しいスキルが要る。

今の処貿易風は、北東の風だが強さは安定はしていない。 風向は、ほぼ一定と観て良いだろう。 カナリー諸島には、3700mもの高い山があり、風の影響は大きい。 

衛星写真で見ると、ブルーとグリ―ンは、風の弱い処だ。 黄色のエリアは、島と島の間で風の強さが加速されている処だ。 艇長は、この様に複雑な風のエリアから、出来るだけ離れて走ろうと試みる。 

島に一番近づいているのは、Tanguy DE LAMOTTE さん(38歳)だ。 島から100マイル(180km)まで近づいて、幾つもある風の渦巻の中を走っている。 これでは速度が一定しないので、かなり損をしている。  トップ集団は、200マイル(370km)以上島から離れて走っている。

本日、トップ集団は、荒れ気味の黒雲エリアに差し掛かっている。 雲の下は、スコールがあり、風も安定していないので、注意が必要であある。

オリジナル記事は、こちらです。

|

« フォイル付き、無し艇との対決!(1723) | トップページ | 追いついてきた!(1725) »

Vendee Globe」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/64479030

この記事へのトラックバック一覧です: 風の谷間に注意が必要!(1724):

« フォイル付き、無し艇との対決!(1723) | トップページ | 追いついてきた!(1725) »