« 目的はCape Verde!(1731) | トップページ | 雷雲の中での混乱!(1733) »

2016年11月14日 (月)

ラジオ・セッション!(1732)

Sailingaerialimagesoftheimocaboatle

2016年11月13日

長い過酷なVendee Globeならばの、事故、怪我、戦略変更、が多発する。 今日は、ラヂオで近況を報告してもらおう。 一番下に、白石康次郎さんの報告動画が、在ります。

Tanguydelamotter16001200

Tanguy De Lamotteさん、仏37歳 (Initiatives-Coeur号):

「Cape Verde から120マイル(220km)の処を走っている。 しかし、目的地には、沈没船があり、夜近づくのは危険だと言われたので、ジブ・セールを引きづったままで速度を落として走っている」

「何とかメイン・セールに変わるモノを揚げてみようか考えている。 それにMindelo Tarrafal、何方の港に入ろうか迷っている。 折れたマスト・ヘッドは、炭素繊維製のパイプで出来ている。 でも付属品は、全然壊れては居ないんだ。 パイプも30cmほどの小さなものだ。 これを何とか、修理をしたいと考えている」

「ハリヤードは2本残っているので、何とかメイン・セールをワンポイント縮帆でも揚げて、レースに戻りたい。 子供達や、友人、家族が、沢山資金を出してくれているので、何とかレースを続けたい。 再開に、全力を尽くす。 レースに戻る」

Morgan Lagraviere さん(仏28歳) Safran号;

「今の処問題なし、2時間ほど寝ることが出来た。 でも船の揺れがひどくて、少しグロッキー気味だ。 揺れでドアーの角に頭をぶつけ切り傷を創ってしまった。

 ”でも安心してください、穿いてます” じゃなくて、治ってきています」(古っ!)

Alexさんの走り、凄いよね。 時には速く、時には慎重に。 全然妥協が無い。 昨日、Alexさんが、遅くなった時、少し近づいたことがあったんだ」

「今は、フォイルをフルに伸ばし、滑走状態。 Alexさんのフォイルは、Safran号のフォイルと違い、低い位置に取り付けてあって、それが今の状態にピッタリみたいだ。 AlexさんのフォイルSafran号のフォイルと比べて、発揮する範囲が狭いけれど、ハマると凄いね」

Thomas Ruyantさん(仏34歳) Le Souffle du Nord Pour le Projet Imagine号;

「揺れが激しく、頬骨に傷をつけてしまった。 でも大した事では無いみたいだ。 スタート直後は、大変だったけれど、北大西洋では素晴らしい走りをしている。 20ノット(の追い風、太陽が一杯・・・、これ以上何を望む!」

Yann さんと Jean さんが、近くにいるので、互いに比較が出来る。 順位表を観て、追いつけ、追い越せ状態だ。 でも、このレースの目的は、完走する事だ」

Alex Thomson さん(英41歳)Hugo Boss号;

「悪くはないね。 でもエンジンにチョット問題がある。 原因は良く解らないが、何とか動いている。 時々止めて、オイルを交換をしている。 このまま、行けそうだ」

Sailingonboardimagesoftheimocaboatn

Pieter Heerema さん、(仏64歳) No Way Back号;

「まあまあって、処かな。 何とか他の船に付いてきている。 今Cape Verdesに向かっているが、そろそろドルドラムの克服方法を考えなければならない頃だ。 何となく巧く行きそうな気もする。 でも最初の夜から、背中が痛くて苦しんでいる。 ジェネーカーを揚げたいんだが、少し無理。 それで、スピードが出ないんだ。 でも今日は天気も良く、17~20ノットの風。 ジェネーカーが、揚げられたらもっと好いのになあ。 でも今は、無理。 まあ、そんな処で~す」

Nandor Fa さん、(ハンガリー62歳) Spirit of Hungary号;

「今日は、特別な日なんだ。 1年前、パリでテロが起こった日だよ。 犠牲者の事を考えると、余り喜べる日では無いんだ。 でも海の上は、太陽が輝やき、風も吹き、素晴らしい日だ」

「もっと西に行きたいが、 今の角度では無理なんだ。 完全にジャイブする処だが、こんな気持ちのときジャイブしたくない。 このまま、Cape Verde 島に向かう。 風は、直ぐ変わる。 その風に最適なセール・プランを考えている。 それが、私が今出来る全てだ。 傍にConradさんが西に向かっている。 彼に追いつきたいもんだ。 でも先は、まだまだ長い。焦る必要は無い」

Photosentfromtheboatspiritofyukohon

破けたA7セール

白石康次郎さん、(日本49歳) Spirit of Yukouh号;

「昨日、快調に走っていたんだが、突然30ノット(14m)の突風に見舞われたんだ。 船は、ブリーチングして、ラダーが空中に跳ね上げられ、船のコントロールが完全に出来なくなった。 その時セールA7*が、海水をすくい上げ破けてしまった。 修理は、不可能だ。 このセールは、既に2度も世界を一周して、充分仕事をしてきたセールだ。 3度目の世界一周をさせたいと思っていたので、残念だ。 でも新しいセールが、何枚も残っている」

「一寸先は闇で、何が起きるか分からないね」 と 云いながら笑顔を見せていた。

康次郎さんの悲痛な報告動画は、こちらです。

オリジナル記事は、こちらです。

*A7 ジェネーカー・セール;強風用で、フラット・カット、タイト・ラフ、小面積のセールで。強風の追い風からリーチングに使用する。参照http://www.lidgardsails.com/gennakers.aspx

Map20161114

|

« 目的はCape Verde!(1731) | トップページ | 雷雲の中での混乱!(1733) »

Vendee Globe」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/64491872

この記事へのトラックバック一覧です: ラジオ・セッション!(1732):

« 目的はCape Verde!(1731) | トップページ | 雷雲の中での混乱!(1733) »