« 意地の張り合い!(1729) | トップページ | 目的はCape Verde!(1731) »

2016年11月13日 (日)

Conradさんからのレポート!(1730)

Sailingaerialimagesoftheimocaboat10

2016年11月12日

Conrad COLMAN さん、米国/ニュージ―ランド(32歳)FORESIGHT NATURAL ENERGY号;

もう1週間もたったのか?! 食料の袋の数から言ってそうらしい。 時間の経つのは、速いね。 最初の1週間は、20ノット(37km/h)のスピードで、サーフィンするのに酔いしれていたが、自動操縦装置が言う事を聞かなくなり、怒り心頭に達してるんだ! チョット愚痴を聞いてよ。

22~25ノット(11~13m/sec)の風、太陽が燦々と輝く中、1日中ランニングで走てる。 ビデオを観てみ。 このスピード、快感のサーフィング、船は絶好調で走っていますね。 全て我が意のままだ。 そうよ、大海洋の航海する統率者の気分よ。

でもこれは私の勘違いなんだよね。 船が良いからなのさ。 私は単にピエロが、自転車に乗って浮かれてるだけ。 

夜になり、風が強くなり、大きなスピンでは危なくなってきたので、下ろすことにした。 下ろすだけでも結構大変なんだ。 それから荒天用の巻き取り方式のスピンに替えたんだ。 そのスピンを上げる途中セールの上部が開き、下部がタック・ロープに絡みつき、固く絡まったセールとロープは、鋼の様に固まってしまったんだ。 いや~まいったね。
これが、外洋レースの恐ろしさだよね。 船首に立ち、命綱を付け、真っ暗闇の中で、これを解決するのに4時間も掛かってしまった。 

まあ、最終的には、無事にスピンを上げることが出来、ホットしている処だ。 コックピットに戻っても、汗と海水でずぶぬれ。

外洋レースは、良い処もあれば、最悪な処もある。 でも望まなければ、その味は、決して得られないものだ。

追伸; ママ、僕はちゃんと命綱付けてたよ。 

彼の走り姿の動画は、こちらです。

オリジナル記事は、こちらです。

Map20161113_2


|

« 意地の張り合い!(1729) | トップページ | 目的はCape Verde!(1731) »

Vendee Globe」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/64489031

この記事へのトラックバック一覧です: Conradさんからのレポート!(1730):

« 意地の張り合い!(1729) | トップページ | 目的はCape Verde!(1731) »