« 全く異なる世界に居る!(1745) | トップページ | 突撃準備開始!(1747) »

2016年11月22日 (火)

トップをよだれを垂らして、見るだけ!(1746)

Jeanlecamfraskipperfinisteremerve_2

Jean le Cam さん

2016年11月21日 現地時間

トップは、AlexThomsonさん、2位に Sébastien Josse さん(仏41歳)、3位にArmel Le Cléac'h さん(仏39歳)、4位に Morgan Lagravière さん(仏28歳)、そして5位にVincent Riouさん(仏44歳)が来ている。 

トップ・グループ;

南大西洋の真ん中に来ている。 Tristan Da Cunhaの北100マイル程の海域である。 トップはAlexさん、その北方90マイル程の処にライバルが走っている。 Hugo Boss号は、吠える南緯40度にかなり近づいてきた。 25ノットの北よりの風で、船は平均 20~21ノットと快調である。 

この様な状況では、片方のフォイルを破損したHugo Boss号には何の影響も無いようだ。 

4位のMorganさんのSafran号(フォイル)は平均21.1ノットで、Hugo Boss号(片フォイル)の19.8ノットより速い。

現在の処、トップの7隻は、喜望峰を交わすまで非常に良いコンディションで走れそうだ。  喜望峰を交わすのは、24日頃と予想されている。 

さらにインド洋でも、速い速度で移動する低気圧の影響を受け、速い移動が期待されている。

中間グループ;

このグループの先頭はYann Eliès さん(仏42歳)、後続との差を250マイルと引き離している。 Yannさんは、喜望峰を通過するのは、Hugo Boss号から2日遅れとなるだろう。

トップから970~1400マイル離れた処に、4隻が走っている。 Jean Le Camさん(仏56歳)、, Jean-Pierre Dickさん(仏50歳), Thomas Ruyantさん(仏34歳)、そして Kito de Pavant さん(仏55歳)である。 

しかし彼らは、向かい風のストップ信号に捕まったようだ。 8~14ノットとかなり遅い。 今の処打つ手が無く、次の低気圧待ちの状態だ。 

Kito de Pavantさん(仏55歳) (Bastide-Otio号) ;

「昨日の朝、黒い雲に覆われ、貿易風が吹きだした。 南寄りの風で、雨を伴ってきて、段々厳しくなってきた。 追い風用セールを下ろし、向かい風用のセールに切り替えた」

バラスト・タンクに水を張り、ダガー・ボードを下げ、南風に合わせて、キャンティング・キールの傾きを調整した。 かなりヒールして、波に叩かれてきた。 凪のエリアは、数百マイル先になりそうだ。 ここから逃れるには、これを突っ切るより他に選択肢は無いみたいだ」

「でも余り暑くは無いので、夜もT-シャツ1枚で過ごしている」

Conrad Colman さん(米32歳)(Foresight Natural Energy号):

「最高だね。 天気も良いし、11ノットの風、少し登り気味で、海面は完全にフラットだ。 Stephane Le Diraison さん(仏39歳)は、私の友達で近くを走っている。 彼との付き合いは、2009年からだ。 今は、互いに戦う仲だがね。 昨日は、VHFラジオで長い事おしゃべりしてしまった。 レースの今後についてね」

「今の位置は、考えていた通りだ。 後ろには、まだ多くの船がいて、少し得意になっている。 でも明日は、地獄を見るかもしれない。  南からの風が落ち、少し西に向かうことになりそうだ。 24日頃には、安定した風のエリアに入れるだろう。 そうなったら、ブロード・リーチングで走れそうだ」

Rich Wilson さん(米66歳)(Great American IV)号:

「今、真南に向かっている。 比較的安定していて、問題は無い。 島南東んお風、13~14ノット、海面もすこぶる穏やか。 チョットした問題が発生した。 発電機がストップして、直すのに、3~4日も掛かってしまった。 今、完全に動いている。 船の問題は、全て自分で解決しなければならない。 スピードが出ないとかは、小さい問題だ」

「この数日は、良く眠れた。 その為か、快調だ。  でも、7隻いたグループが、いつの間にか居なくなってしまった。 そんなに天候の変化は無かったはずなのに、何が起こったんだ。 誰も教えてくれない。 南東の風は、いつ吹くんだ」

Jean le Camさん(仏56歳) Finistère Mer Vent 号:

「何てレースだ! マッド・メンみたいに、いつの間にか皆逃げやがって。 トップとケツの船の差、クレイジーだね。 Jean-Pierre Dick(仏50歳)さんは、遥か南。 勝手にしやがれ。 彼の方が速いので、しょうがないか。 でもこの先が、思いやられる。 前の方が、何時も状況が良いみたいだ。 Alexさんがフォイルを壊したのは、何時かそのツケが回って来るさ」

オリジナル記事は、こちらです。 

Map_6


 

|

« 全く異なる世界に居る!(1745) | トップページ | 突撃準備開始!(1747) »

Vendee Globe」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/64527808

この記事へのトラックバック一覧です: トップをよだれを垂らして、見るだけ!(1746):

« 全く異なる世界に居る!(1745) | トップページ | 突撃準備開始!(1747) »