« 衛星システムが壊れた!(1756) | トップページ | 耳栓の話!(1758) »

2016年11月30日 (水)

吠える南緯40度!(1757)

Tenkiyohou

2016年11月29日 現地時間

トップ・グループは、ハイ・スピードでKerguelen島に向かって走っている。 彼らは、数日の内には "吠える南緯40度(Roaring Forties )” 圏内に入りそうだ。

トップ・グループの中のトップ2隻は、互いに極めて近い位置にいる。 そして前方には寒冷前線がゆっくりと近づき、北西の風25~30ノットの強風をもたらしてきそうだ。

Edmond de Rothschild 号のSébastien Josse さん(仏41歳)は、その前線に遅れている為、ゆっくりとKerguelen島に近づいている。

をれに続く6隻は、吠える南緯40度の低気圧と前線が次々と襲ってくる中に居る。 でも現在は、余り狂暴なコンディションでは無いようだ。

更に後方のグループは、今週末には吠える南緯40度帯に入るに違いない。 それに近づくに従い、環境は急激に変化してくる。 

Alan Rouraさん (仏23歳) Enda O' Coineenさん(アイルランド61歳)、 そして Pieter Heeremaさん(オランダ65歳)は、この急激な環境変化に対応して、Tシャツ・短パンから防寒服にオイルスキンに着替えなくてはならなくなる。

強風に見舞われ、視界が急激に悪化してくる。 しかも36時間後には、次の寒冷前線が発生してきそうだ。 

しかしこれを通過すると、漸く St. Helena 高気圧帯から脱出できる。 そして吠える南緯40度が近づき、手荒い御もてなしが始まるのだ。

オリジナル記事は、こちらです。

Sebastienさんの動画報告は、こちらです。

|

« 衛星システムが壊れた!(1756) | トップページ | 耳栓の話!(1758) »

Vendee Globe」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/64563162

この記事へのトラックバック一覧です: 吠える南緯40度!(1757):

« 衛星システムが壊れた!(1756) | トップページ | 耳栓の話!(1758) »