« Hugo Bossが、トップに!(1714) | トップページ | ジャイビング・ウエイ!(1716) »

2016年11月 8日 (火)

Super Boss-Boss!!(1715)

Sailingaerialimagesoftheimocaboat_2

2016年11月7日17時25分

今回のVendee Globeは、英国のAlex Thomsonレース展開になってきた。

Alexさんは、決めた戦略を忠実に守っている。 スペインの北西にあるCape Finisterre を通過後、驚異的なスピードからは解放されてきた。

スタートから24時間、Alexさんは、前回の覇者 Armel Le Cleac’h さんの Banque Populaire VIII号にぴったりと張り付いている。 この2隻の差は、1マイル半(3km)程度だ。 互いに視野に入る範囲である。 

トップ・グループの5隻の内4隻は、最新のフォイル付き艇である。 そのフォイルの無い船は、 Vincent Riou さんのPRB号である。 しかし高度にチューニングされたPRB号は、フォイル艇に一歩も引けをとっていない。 

しかしVincentさんは、少し疲れが出てきたとレース本部との通信の中で語っていた。

「トップに張り付くのは、大変だ。 すっかりエネルギーを使い果たしてしまったよ」

7日午後のランキングは、Hugo Boss号の後方13マイル(24km)の位置し、若干速度が落ちてきた。 しかし Sebastien Josseさんの Edmond de Rothschild号より前方にいる。

最初の晩は冷たい風に吹かれ、驚異的なスピードが展開されていた。 その中で、7位のMaitre CoQ 号Jeremie Beyouさんは、ラダーが跳ね上がりウインチに顔をぶつけ、歯を1本折ってしまたそうだ。

スペインのDidac Costaさんは、スタート直後に水漏れがあり、電子機器のトラブルに見舞われスタート地点に戻ったが、未だに再スタートは出来ていない。 他のチームが、彼に応援を得て再スタートを目指している。

日本の白石康次郎さんは、スタート直後から船酔いに悩んでいる。 吐き気で食事が取れず、エネルギー不足のようだ。しかしSpirit of Yukohの走りには、影響が無いという。 現在17位である。

アイルランドのEnda O’Coineen さんは、スタート前の大勢の仲間と過ごしていたのに、突然の一人ボッチの状態にまだ馴れないと言っている。 
 
「あんなに賑やかだったのに、突然の一人ぼっち この落差。 慣れるのに数日は、掛かりそう」 何を言っているやら、まだスタートしたばっかりだと言うのに。

明日は高気圧帯に入り、風は7~9ノットに落ちてきそうだ。 それから抜け出すと、貿易風帯に入れますよ。

オリジナル記事は、こちらです。

Super Boss なんてタイトル、俺の名前のパクリか!

|

« Hugo Bossが、トップに!(1714) | トップページ | ジャイビング・ウエイ!(1716) »

Vendee Globe」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/64462611

この記事へのトラックバック一覧です: Super Boss-Boss!!(1715):

« Hugo Bossが、トップに!(1714) | トップページ | ジャイビング・ウエイ!(1716) »