« Dickさん、最悪を避け、北に向かう! (1782) | トップページ | Alex Thomsaonさん、神頼み!(1784) »

2016年12月14日 (水)

タスマニア南の大暴風! (1783)

Tenki

2016年12月13日 現地時間

Jean Pierre Dickさん(仏51歳) Yann Elièsさん(仏47最)、そして Jean Le Cam さん(仏57歳)は、タスマニア島の南にある大きな嵐に飲み込まれている。 何と、80ノット(40m)もの風だと言う。

この嵐は、予想通りタスマニア島の南に移ってきた。 Yann Eliesさんは、この嵐の通過を待つ戦略に出た。 その為、かなり速度を落として走っている。

Jean Le Cam さんも速度を落としているが、コンディションの悪さで落ちているのだ。
Jean Pierre Dick さんは二人とは違って、タスマニア島の南より風の弱い北のバス海峡を選んだ。 島の南は、80ノットもの風が予想されているのだ。

この猛低気圧の東側には、SMA号、 Maître CoQ号 がフル・スピードで突っ走っている。今この低気圧が、追いかけている。 この二隻が、ニュージーランドの南に達する頃には、60ノットを越す風が吹きそうだ。

さらにその東を走っているトップ2隻は、比較的穏やかな海域に入り、ホーン岬へのアプローチを考えている。

吠える南緯40度は、予想通りの荒れた海である。  

オリジナル記事の抜粋;

|

« Dickさん、最悪を避け、北に向かう! (1782) | トップページ | Alex Thomsaonさん、神頼み!(1784) »

Vendee Globe」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/64623728

この記事へのトラックバック一覧です: タスマニア南の大暴風! (1783):

« Dickさん、最悪を避け、北に向かう! (1782) | トップページ | Alex Thomsaonさん、神頼み!(1784) »