« 南氷洋の問題! (1767) | トップページ | Conrad Colmanさん、火災発生!(1769) »

2016年12月 5日 (月)

南氷洋の問題2! (1768)

Map20161205b

2016年12月4日 現地時間

Alex Thomson (英) Hugo Boss号:

「何時もと違う夜だった。 ものすごく風が強く、波の状態も極めて悪かったので、とても速く走れそうに無かった。 それでスピードを落として走ってきた。 船を壊さないよう注意して走った。 この5日間は、全ルートの半分も走ったような気がした。 この速さは、尋常では無い速さだったね。 最初にVendee Globeに参加した時は、南アフリカまで30日間も掛かったんだ。 今回は、30日間でニュージーランドまで行けそうだ。 信じられん!」

Didac Costa さん(スペイン35歳) One Planet One Ocean号:

「日曜は、風から始まった。 また速く走れるようになってきた。 10ノットで良いルートで走れる。 ナビ・デスクに座っていたら、バン!と言う音にビックリして、デッキに出てみたんだ。 船の後方に何かプラスチック製のものが見えた。 ロープの様なものが、ラダーと水力発電機に絡まっていた」

「すぐにキールの問題が無いか調べたが、特に問題は無かった。この数日は、風に悩まされた。 南西からの大きなウネリで、ストップ状態だった。 これは、南にストームがある証拠だ。 この先幾つかの前線を通過する覚悟が必要だ」

Jean Le Cam,さん(仏57歳) Finistère Mer Vent号:

「こんなに大きな差は、初めてだよ。 これは、スタート前から分かっては居たけれど。 でもこんなに大差が出来るとは、思っていなかった。 前の連中が、物凄いスピードで走っているとき、私は2ノットで走っていたんだ。 金持ちは、ドンドン金持ちになる。 今8位?! チョット変だね。 可笑しくない? でもトップとの差は、2000マイルだよ」

オリジナル記事抜粋;

|

« 南氷洋の問題! (1767) | トップページ | Conrad Colmanさん、火災発生!(1769) »

Vendee Globe」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/64585966

この記事へのトラックバック一覧です: 南氷洋の問題2! (1768):

« 南氷洋の問題! (1767) | トップページ | Conrad Colmanさん、火災発生!(1769) »