« Kito de Pavantさんに、救助要請! (1773) | トップページ | Éric Bellion さんラダー故障、しかし続行!(1775) »

2016年12月 7日 (水)

Kitoさんの、救助方法! (1774)

Kitodepavantlorsdelannoncedesonavar

2016年12月6日 現地時間

Vendée Globe の安全対策局の Alain Gautierさんは、Kito de Pavant さんの救助方法を説明してくれた。

「1700UTCには、現場に到着したい。 しかしその頃は、かなり暗くなっている。 どの様に彼を救助するかは、現場の指揮官が判断する。 実際には、明るくなるのを待っての事になるだろう。 それも現場の天候次第となる」

「まず海洋調査船を Kitoさんの風上に位置させ、海が穏やかになるのを待つ。 しかしヨットは大きな船では無いので、その方法がベストかどうかは今は解らない。 現場の状況は、夜よリ多少は静かになっていると思う。 最終的には、Kitoさんを海洋調査船に乗せ、その後チームに引き取ってもらう殊になる。 これも現場の状況によっては、簡単な事では無いと思う」

「Kitoさんは、当時のショック状態から回復して、大分落ち着いてきているように見える」

Kito de Pavant さん55歳は、40ノットの風と 6mの大波の中、16ノットのスピードで走っていた。 彼は、Vendee Globeレースで2度もリタイアしたことがある。 2008-09年のレースでは、スタート後18時間でマストを折り、2012-13年のレースではトロール船と衝突してリタイアした経験がある。 

彼は、Vendee Globeレースでは何時も、優勝か最低限3位入賞を狙っていた。 しかし今回は、完走を狙てていたのだ。 スタート以来ずっと、堅実でリスクを最小限に走ってきた。   

オリジナル記事の抜粋です。 

|

« Kito de Pavantさんに、救助要請! (1773) | トップページ | Éric Bellion さんラダー故障、しかし続行!(1775) »

Vendee Globe」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/64594343

この記事へのトラックバック一覧です: Kitoさんの、救助方法! (1774):

« Kito de Pavantさんに、救助要請! (1773) | トップページ | Éric Bellion さんラダー故障、しかし続行!(1775) »