« Horn sweet Horn! (1795) | トップページ | Jérémie Beyou さん,そろそろホーン岬! (1797) »

2016年12月26日 (月)

Alex さんケーキを口に、ホーン岬通過!(1796)

Sailingaerialimagesoftheimocaboathu

2016年12月25日 現地時間

Alex Thomson さんが、25日クリスマスの日 1142UTCに悪名高いランド・マークのホーン岬を通過した。 

トップの Armel Le Cléac’hさんから遅れる事、1日間23時間8分だった。 彼がホーン岬を通過した時は、Alexさんとの差は818マイルあったが、今その差は442マイルまでに縮まった。 Alexさんのホーン岬通過は、4度目である。 ホーン岬から1.5マイル(3km)離れた処を通過した。

ホーン岬を通過したぞ! 超嬉しい。 風速14~40ノットくらい。 風向は60度ぐらい変わる。 けれど海はそれほど荒れてなくて良かった。 でもリズムを捕まえるのが、難しい。 クリスマス・ケーキも風の合間に、口に頬張って食った」

「南氷洋からやっと抜け出せたのが、最高のクリスマス・プレゼントだ。 先はまだまだ長いが、漸くホーン岬を回ってホットしている」

「クリスマス・ケーキは食べたけれど、箱からケーキを出すのが難しかった。 ホーン岬のビデオを撮ろうと思ったが、出来なかった。 30ノットのスピードで、波を掻い潜って走っていいて、それどころでは無かったんだ。 夜になったら少しは、楽になると思う。 そうしたら、サンタクロースのプレゼントが何処に在る筈なので、探して見るよ」

トップのArmel Le Cleachさんは、フォークランド島の東を通過している。 Alexさんの16ノットに比べ、Armelさんは12ノットと少し遅い。 

「何故Armelさんが遅いのか興味あるね。 あの辺りには、高気圧があるんだ。 彼の走りを見ておこう。 場合によっては、かなり近づけそうだ。 リオデジャネイロまでの走りが難しそうだ」

「この数日間は、フォイルでの走りが最高だった。 ポート・タックの時間が無いことを祈るよ。 それから陸に近づくと、神経質になるんだ。 良く眠れなくなる。 でも身体的には、何の問題も無い。 ホーン岬を通過出来て、気分的に楽になってきた」

オリジナル記事の抜粋;

Alex Thomsaonさんが、ホーン岬通過の動画です。 ホーン岬は、チョット見えます。

Alex Thomsaonさんのジングルベルが、聴けますよ。 チョット長いが、自作の歌詞です。

Conrad Colmanさんが、サンタ姿でクリスマス・メッセージ動画です。

Map20161226

|

« Horn sweet Horn! (1795) | トップページ | Jérémie Beyou さん,そろそろホーン岬! (1797) »

Vendee Globe」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/64679802

この記事へのトラックバック一覧です: Alex さんケーキを口に、ホーン岬通過!(1796):

« Horn sweet Horn! (1795) | トップページ | Jérémie Beyou さん,そろそろホーン岬! (1797) »