« Alex さん、北半球へ! (1789) | トップページ | Nandor Faさん、ホーン岬を回る! (1791) »

2017年1月 9日 (月)

20年前、北太平洋に消えた船乗り! (1790)

Sailingroundtheworldracevendeeglobe
Gerry Roufsさん

2017年1月8日 現地時間

2017年1月7日は、カナダ人艇長 Gerry Roufsさんの”悲しい20年記念”です。 1997年のこの日、Vendee Globe レースにて、南太平洋の世界から最も隔絶された海域・ポイント・ネモ 付近から彼の最後のメッセージが送られてきてきていた日だ。

この日、レース・リーダー達には、80ノットと言う想像も出来ない強風に見舞われていた。 此のときのトップは、 Christophe Auguinさんだった。 Gerry Roufsさんは、2位に付けていた。 

「あの時は、アルプスと呼ばれるような大きな波では無かった」

Isabelle Autissier さんは、Gerry Roufsさんから100マイル(180km)程の処を走っていた。 彼は時々、Grrey Roufsさんと無線で連絡を取り合っていた。  当時、特に心配なニュースは、彼からは無かったと言う。

この第3回Vendee Globeレースには15人と資格なしで一人が参加していたが、多くの船が損傷を受けたり、転覆したりしていた。 クリスマスの日、地獄の様な状況だったと言う。 

ある船は、横転してマストを無くし、36時間後にレース参加艇にレスキューされていた。 

翌1月5日、2隻の船が転覆し、4日後にカーゴ船に依って救出された。 

PRB号に乗っていたIsabelle Autissier さんも、此のとき3度も横転していた。 Gerry Roufsさんも、彼からそれほど離れた位置では無かった。 

その時受けたメッセージは、”これは、地獄だ!” だった。

その後、Gerry Roufsさんからの無線は途絶えた。 1月7日、Gerry Roufsさんの船Groupe LG 2号の無線標識信号が、消えた。 

翌歳の1997年7月16日、真っ逆さまで浮いている船が発見された。 そして1998年8月、チリ沖の Atalaya 島の海岸に、船のパーツが打ち上げれているのが発見された。 それが、Gerry Roufsさんの船の一部と断定された。

オリジナル記事は、こちらです。

Map20170109c

|

« Alex さん、北半球へ! (1789) | トップページ | Nandor Faさん、ホーン岬を回る! (1791) »

Vendee Globe」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/64741580

この記事へのトラックバック一覧です: 20年前、北太平洋に消えた船乗り! (1790):

« Alex さん、北半球へ! (1789) | トップページ | Nandor Faさん、ホーン岬を回る! (1791) »