« Armel Le Cleachさん、最後のストレス!(1794) | トップページ | Colman さんホーンへ、 Dick さん赤道へ!(1796) »

2017年1月12日 (木)

Armelさん、リードを広げる! (1795)

Photosentfromtheboatlamiecalineonno
Arnaud Boissieres さん

2017年1月11日 現地時間

Armel Le Cleac’h さんとがAlex Thomsonさんとの差が、一晩で2倍に広がった。
ドルドラム海域での遅々として進まぬ走りの後、Alex Thomsonさんは、トップとの差を100マイルまで縮めてきた。 しかし今朝のデータでは、その差が180マイルまで広がっていた。 此のときの速度は、Armelさんは17ノット、Alexさんは11ノットだった。

3位のJeremie Beyouw さんは、ドルドラムでは運良く脱出できた。  Le Cleac’hさんとの差は、700マイルだ。

Eric Bellion さんは、ホーン岬まで150マイル。   Conrad Colman さんは、後250マイルである。

南太平洋では、 Arnaud Boissieres さんとFabrice Amedeoさんとで、11位争いをしている。 2人は今週末には、ホーン岬を廻れそうだ。

Arnaud BOISSIÈRES さん 

「太平洋は、素晴らしかった。 良い風で、良い仕事が出来た。 スピンネーカーを揚げ、Fabrice Amedeoさんが見える処まで来た。 二人で沢山話が出来、これ以上の事は無いね。 彼は、私の守護神だからね。 この先数日は、静かなセーリングになると思う。 スピンを上げている私と彼の間には、一切れの雲があるだけだ。 この広い海の上で、他の船が見えると言うのは心強いね。 でも今は、互いに見えなくなってしまった」

Rich Wilsonさん (Great American IV号) のリポート;

「ホーン岬まで、1500マイル。 数日前までは、アジア・パシフィック・通信衛星のお世話になっていたが、もう水平線の下に隠れてしまった。 今は、水平線の直ぐ上に出てきたアメリカの衛星に切り替えた。 ホーン岬までの天候を調べているんだが、低気圧が近づいてきている。 その南側の端を走れれば好いんだが。 今日は、比較的穏やかだ。 と言うことは、速度は出そうに無い」

オリジナル記事は、こちらです。 

Alex Thomsonさんから、アルバトロスの優雅な飛翔の動画は、こちらです。

Map20170112a

|

« Armel Le Cleachさん、最後のストレス!(1794) | トップページ | Colman さんホーンへ、 Dick さん赤道へ!(1796) »

Vendee Globe」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/64754029

この記事へのトラックバック一覧です: Armelさん、リードを広げる! (1795):

« Armel Le Cleachさん、最後のストレス!(1794) | トップページ | Colman さんホーンへ、 Dick さん赤道へ!(1796) »