« 泣いても笑っても、後24時間! (1804) | トップページ | Alexさん、追いつけないか? (1806) »

2017年1月19日 (木)

Armel Le Cleachさん、優勝間近! (1805)

290316navigationaulargedegroixpourl
Banque Populaire VIII 号

2017年1月19日 現地時間

フランスの Armel Le Cléac'h さんが、今朝 フィニッシュ・ラインに片手を掛けた。 

Armel Le Cleachさんが優勝したとなると、彼に付きまとっていた亡霊が消え去る事だろう。 1位になれないと言う亡霊から、彼は逃れることが出来るのだ。

もし彼が、19日の13時から19時の間にフィニッシュ出来ると、同郷の Francois Gabart's さんが、2012~13年のレースで優勝した時の記録、78日間、2時間16分を切ることになる。 

1400UTCのデータによると、 Armel Le Cléac'h さんは12ノット、Alex Thomson さんは10.9ノットだ。 Armelさんの Banque Populaire VIII 号に何か、問題が発生すれば、Alexさんにもまだ可能性がある。

昨夜、英国西の Scilly Islands で Armel Le Cleachさんが、初めに右にタックした。 その1時間後に、Alex Thomsonさんもタックした。 

1400UTC、両艇の差は、33マイルだった。 0400UTCの時の差の1/3にもなっている。 この調子で行くと Alex Thomsonさんは、Armel Le Cleachさんのフィニッシュ後、4時間遅れとなる。

Capehorndetailmap

Le Maire Strait海峡

13位 Alan Roura さん(スイス23歳)(La Fabrique号):

「ホーン岬を通過後、Le Maire Strait海峡を通過した。 2時間ほど前から風が出てきて、15ノットでクローズ・リーチングで走っている。 進路も好ましい方向に向けられている。 状態は、良い。 風も結構あり、船もパワフルに走っている。 海は、クールだが、気温は日に日に暖かくなってくる。 大西洋に戻れて、嬉しいね。 スタート後、74~75日経つ。 僕も船も、少々くたびれてきた。 でもハピーな気持ちには変わりない。 南氷洋は、難しかった。 でも僕も船も調子が良い。 これからも彼女と一緒に巧く走れると思う」

オリジナル記事は、こちらです。

Rich Wilson さんは、英国パトロール飛行機に見つけられ嬉しそうな動画です。

Map20170119b

Map20170119c


|

« 泣いても笑っても、後24時間! (1804) | トップページ | Alexさん、追いつけないか? (1806) »

Vendee Globe」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/64782936

この記事へのトラックバック一覧です: Armel Le Cleachさん、優勝間近! (1805):

« 泣いても笑っても、後24時間! (1804) | トップページ | Alexさん、追いつけないか? (1806) »