« 4位~6位争い!(1813) | トップページ | 3隻が、3時間内にフィニッシュ! (1815) »

2017年1月25日 (水)

Alex さん、2020年を目指す! (1814)

Pressconferenceduringfinisharrivalo

2017年1月23日 現地時間

第2位の Alex Thomsonさん(英42歳)は、レース後の忙しいスケジュールの合間に、家族と一緒にいる時間を多くとってきた。 1月23日に、漸くインタヴューすることが出来た。 彼は、過酷で長いレースの後でも、少しも衰えていない情熱で、インタヴューに答えてくれた。

そして今日 Alex Thomsaon さんは、2020年度のVendee Globeに再び参加する積りだと答えた。 彼の実績は、第2位と第3位なqので、絶対優勝を加えたいと言った。

Hugo Boss 号の艇長は、笑いながら答えてくれた。

「妻は、既にカリブ海で家族と一緒にセーリングする予約を取ってしまっているんだ。 フカフカのダブルベッド、水洗トイレ、エアコン、そして冷蔵庫、そこに沢山のビールとラム酒が入ったホテルだと言っていた」

そして彼は、次のレースのプランを彼の妻と、主だったチーム・メンバーと話を始めている。   そしてその計画には、必ず優勝と言う目的も含まれているという。

「前回は3位、今回が2位、当然次は優勝だ。 私に求められるのは、強烈なキャンペーンと、家族、チーム・メンバー、そしてチーム・メンバーの家族に対してのコミットメントだ。 それには、適切な資金調達を考えなければならない。 資金調達は、最も重要だ」 

「レースに挑むときは、完走を目的としない事が重要だ。 レースには、何が起こっても不思議では無い。 例えば、Mike Golding さんは、フィニッシュ・ラインまで後50マイルと言う処で、キールを落とした例もあるんだ。 フィニッシュまで後20マイルと言う時でさへ、フィニッシュの事なぞ、決して思ってはいけない。 全ての情熱、全ての努力、全ての重圧、それらはフィニッシュしなければ、何の意味も無いんだ。 フィニッシュして、初めて責任を果たした殊になる。 でも責任って何なのか、私にも良く解らない。 何時も寝るときは、片目で寝て、片目で何が起こるか見張っている気もちだ」

「身体の回復には数カ月係るだろう。 その間ジムに行く積りだ。 ケツの筋肉も太腿の筋肉も全く無くなって、歩くと痛いくらいだ。 回復には、相当鍛えないといけない。 足なんか酷いもんで、ガリガリになってしまった。 睡眠は良く取れている。 通常でも1~2時間で充分なんだ」

オリジナル記事抜粋: 

Finisharrivalofalexthomsongbrskippe

|

« 4位~6位争い!(1813) | トップページ | 3隻が、3時間内にフィニッシュ! (1815) »

Vendee Globe」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/64808601

この記事へのトラックバック一覧です: Alex さん、2020年を目指す! (1814):

« 4位~6位争い!(1813) | トップページ | 3隻が、3時間内にフィニッシュ! (1815) »