« 象の食い方!(1817) | トップページ | 見張りは大事!(1819) »

2017年1月30日 (月)

最後の艇長、ホーン岬通過! (1818)

Sebastiendestremaufraskippertechnof

2017年1月29日 現地時間

Vendee Globe レース最後尾(18位)の Sébastien Destremau さんが、現地時間29日1336UTCにホーン岬を通過し、無事に北大西洋に入った。 。 

Vendee Globeの様なセーリングは、今まで経験して来なかった。 ホーン岬を通過すると言う目的も無かった。 こんな事が出来るのは、一部の才能ある人間だけで、自分はその範疇では無いと思っていた」

「でも今朝になってホーン岬が50マイル(90㎞)先に見えた時は、信じられない気がした。 ここまで来るのは大変だったので、無事に此処にいる自分が奇妙に思えた。 狐につままれた様な気がした。 でも嬉しい。 とても嬉しい。 これからは、故郷に戻る道になるんだ」

「家族とかチームの人達から、沢山メッセージを頂いた。 彼らも嬉しく思ってくれているに違いない」

Eric Bellion さん(CommeUnseulHomme号)が、昨夜第9位で赤道を越えた。 ドルドラムの通過は、比較的楽に通過出来そうだ。

「今ここに来て、故郷の牧場の匂いがしている。 赤道を越える瞬間は、何かほろ苦い気分になった。 もう此処には、2度と来ないだろうなと思ったんだ。 残りの2週間を思いっきり楽しもう」

7位の Louis Burtonさんは、2月1日ごろフィニッシュしそうだ。 現在17ノット(30㎞/h)で順調に走っている。

オリジナル記事は、こちらです。 

Map20170130a

Map20170130b


|

« 象の食い方!(1817) | トップページ | 見張りは大事!(1819) »

Vendee Globe」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/64828323

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の艇長、ホーン岬通過! (1818):

« 象の食い方!(1817) | トップページ | 見張りは大事!(1819) »