« Pieter Heerema さん、何かあった? (1847) | トップページ | Pieter Heerema さん、完走間近! (1850) »

2017年2月28日 (火)

Pieter Heeremaさん、何故待つの?(1848)

Photosentfromtheboatnowaybackondece

2017年2月27日

 オランダの Pieter Heeremaさん(65歳)は、Les Sables d’Olonneまで600マイルの処まで来たが、フィニシュしようとしていない。 Biscay湾の嵐を前に立ち往生させられている。

 ここに来て残り2隻の Pieter Heerema さん(No Way Back号) そして Sébastien Destremau さん(TechnoFirst-faceOcean号)のフィニッシュは、3月まで待つ必要がありそうだ。 最後尾の Sébastien Destremau さん(仏52歳)のフィニッシュは、3月9日頃と予想されている。

 現在ビスケー湾は激しい風が吹き荒れていて、Pieter Heeremaさんは殆ど停止状態である。 平均40ノット、時々50ノットと非常に荒れている。 波も7~9mの大波である。

 Pieter Heeremaさんのチーム・マネージャーは、次の様に語っている。

 「Les Sables d’Olonneに向かうのを避けて、比較的穏やかな処に暫く留まることにした。 場所は、Finisterre岬沖を考えている」

オリジナル記事の抜粋;

|

« Pieter Heerema さん、何かあった? (1847) | トップページ | Pieter Heerema さん、完走間近! (1850) »

Vendee Globe」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/64952591

この記事へのトラックバック一覧です: Pieter Heeremaさん、何故待つの?(1848):

« Pieter Heerema さん、何かあった? (1847) | トップページ | Pieter Heerema さん、完走間近! (1850) »