« Volvo Ocean Race用セール!(1874) | トップページ | 新オランダ艇、ポルトガルへ!(1876) »

2017年4月21日 (金)

Dongfeng号に、あのクルー3人が戻る!(1875)

M100872_crop169014_1024x576_proport

 中国から参加しているチームDongfeng号は、2017~18年度レースに4人以上の中国人クルーが乗る事が解った。 勿論その中には、前のレースで活躍したBlackさん、Wolf さん、そして Horaceさんも含まれている。

 Jiru Yangさん26歳 渾名はWolf、Liu Xueさん24歳は Black、Chen Jinhaoさん25歳 Horaceと呼ばれている。

 Volvo Ocean Raceのルールによると、30歳以下のクルーを2名以上を乗せなければならないことになっている。 

 「再度このチームに招へいされた事は、名誉なことと思う。あまりにも厳しいレースだったので、二度と戻るまいと思ったこともあったが、今思い出すと良い思い出しか残っていない。 それで参加することにした。 それに中国人でもセーリングは出来ることを、世界に示したいんだ」 とWolfさんは、言っていた。 

 Horace さんの課題は、レースに集中することだと言う。 「今回は、船の上での自分の役割をハッキリ見極めることだ。 何が出来て、何が出来ないのかをはっきりさせたい」

 Blackさんは、中国のヨット・レースで活躍している。 「前のレースでは、自分は何も知らなかった。 英語もしゃべれなかった。 外洋レースってなんだ? Volvo Ocean Raceってなんなんだ? でも今は違う。 Charles艇長から戻って来いと言われたんだ、NOとは言えないでしょ」

 Charles Caudrelier 艇長は、次のように語っていた。 「Wolf, Black Horace の3人は、前のレースで幾つかのLegに参加した経験を持っている。 前の時は、ウィンチの使い方から教えなければならなかった。 でも今は、その実績を評価している」

オリジナル記事は、こちらです。

|

« Volvo Ocean Race用セール!(1874) | トップページ | 新オランダ艇、ポルトガルへ!(1876) »

Volvo Ocean Race」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/65177902

この記事へのトラックバック一覧です: Dongfeng号に、あのクルー3人が戻る!(1875):

« Volvo Ocean Race用セール!(1874) | トップページ | 新オランダ艇、ポルトガルへ!(1876) »