« Volvo Ocean Race、 2年サイクルに変更!(1888) | トップページ | アメリカズ・カップ、ニュージーランド優勝! (1890) »

2017年6月22日 (木)

AkzoNobel号の命名式! (1889)

Hyousib

オランダのチーム AkzoNobelが、 Volvo Ocean 65 の新造船 の命名式が6月21日にハーグ市で執り行われた。

 式には、チーム・メンバーと小型ヨット・オプチミスト・ディンギーの子供達、それに大勢のファンも参加した。 ハーグ市Pauline Krikke市長が、恒例のシャンパン・ボトルを船首にぶつける儀式も行われた。

M101507_crop169014_1024x576_proport

 「私は、Simeon Tienpont艇長及びクルーの皆さんが10月のレース・スタートの為の懸命に準備をしていることを信じています。 そして来年の1月には、ホスト・シティとしてのハーグ市に全員無事に戻る事を願っています」 と市長は述べた。

 「厳しい練習と準備の後、この様に盛大な命名式を迎えることが出来たいへん幸せだと思っています。 燦々と輝く太陽の基、我々の船を惚れ惚れと観ています」 と 艇長も答えた。

 船の準備は終わった。 これからは艇長以下クルーそして陸上支援メンバーが、一丸となってチーム創りを始めなくてはいけない。  優勝を目指して、ベテラン・クルーとやる気満々の若いメンバーとの共同作業が求められている。

 「我々は、先人の経験と知恵、そして AkzoNobelの応援により此処まで来ることが出来た。 次は何をすべきか? 来週には、船と乗り組み員のシェーク・ダウン練習を兼ねて大西洋横断の航海にでる。  レースのスタートまで122日間、この航海で全員のレベル・アップに繋げたい」 と艇長は述べた。

 「セレモニーは、今日で終わりだ。 明日からレースが始まると思え! 明日午後には大西洋に出る。 船は、全く新しい船に変わった。 これからは、我々も変わる努力をせねばならない。  願わくば、ニューヨークまでの旅、天候に恵まれれば良いと願っている。 良い天候とは、ピクニック日和では無い。 色々変化のある風と天候を求めている。 そして、色々なデーターを集める必要がある」

 そうは言っても今は、ホーム・ポートに居るのだ。 お祝いを楽しみましょう。

 「願わくばレース後、チーム全員が安全にハーグ市に帰ってきたい。 そして、オランダに初めての優勝トロフィーを持ってきたい」

オリジナル記事は、こちらです。

M101508_crop169014_1024x576_proport

|

« Volvo Ocean Race、 2年サイクルに変更!(1888) | トップページ | アメリカズ・カップ、ニュージーランド優勝! (1890) »

Volvo Ocean Race」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/65443565

この記事へのトラックバック一覧です: AkzoNobel号の命名式! (1889):

« Volvo Ocean Race、 2年サイクルに変更!(1888) | トップページ | アメリカズ・カップ、ニュージーランド優勝! (1890) »