« Volvo に獲り付かれた男!(1892) | トップページ | SHK号のDavid Witt 艇長! (1894) »

2017年7月 7日 (金)

プラスチック塵チーム発足!(1893)

M101461_crop169014_1024x576_proport

2017年6月13日

英国の女性船乗りがVolvo Ocean Raceに戻ってきた。 若者中心で、女性・男性が50%・50%の混成チームを引き連れてのレース参加である。

 Dee Caffari 艇長は(英国人)、 'Turn the Tide on Plastic'プレスチック汚染を考えよう号)である。  彼女のキャンペーンは、多くの企業からの賛同を得ている。 海をプラスチック廃材から守ろうとするキャンペーンである。

彼女のチームは、多国籍で主に30歳以下の男女クルーで構成される。 

 「私の考えに賛同してくれる方々とレースに出る機会を得ることが出来、本当に嬉しい。 このレースを利用して、海の浄化を世界に広めたい」 と Caffariさんは言っている。

オリジナル記事は、こちらです。

Dee Caffari さんは、女性単独で世界一周と言う記録の持ち主でもある。 そして今回、2度目のVolvo Ocean Raceへの参加となる。 しかも艇長としての参加だ。

Deeさん、現在どんな心境ですか?

 「この機会を待ち続けていた。 でも大きなチャレンジだ。 海を守るこのキャンペーンに、情熱を掛けている。 それに南氷洋で走るのが、待ちきれない。 それこそ、血湧き肉躍る感じ。 This is Sailing。 この経験を若い人達にも味わってもらいたい」

でも簡単な事ではないですよね。 陸上から見ている方が良いと思った事、在りませんでしたか?

 「Volvo Ocean 65 と言う最新の船を手に入れる事が出来るのか、とても心配だった。 チームとも色々検討してきたが、実現は難しかった。 手の届かないものに見えていた。 でも其処に神風が吹いた!(Tantan意訳) 情熱一杯の若者と、南氷洋を走る事が出来るようになった」

Volvo Ocean Raceの中で、あなた方のメッセージを携えて、チームを引っ張って行く自信はありますか?

 「勿論! この世界的なステージで、私たちのメッセージを伝えるとが出来ると考えるだけでワクワクする」

 「地球が、プラスチックのゴミで汚されている。 この事について、多くの人が話題としてくれることを願っています」

若い人たちだけでチーム作ろうと考えていますね。

 「若い人たちと船に乗って、私達のメッセージを彼らに引き継いでもらいたい。 でも若い人だけでチームを作るのは、冒険です。 大半が、世界一周なぞした事のない人たちです。 一人一人は素晴らしい船乗りだが、彼らをチームとして纏めるのは大変。 でもそれが楽しみでもある」

女性・男性が半々のチームで、しかも艇長が女性という、今までに無いチーム構成ですよね。

 「今後我々が、Volvo Ocean Raceのルールを替える事が出来るかも知れない。 男女混成チームが、もっと簡単に創る事が出来るようになるかも知れない。 我々が成功すれば、”性差の無い社会” が出来るかもしれない」

ファンは、レース中の生の情報を観たがっています。 何かお考えありますか?

 「チームの中のコミュニケーションを正直に発表したい。 チームの中で今何が起こっているのかを、知ってもらうようにする。 楽しい事ばかりでは無く、ダークな面も、惨めなことも隠さずに」

スタートまで5カ月を切っています。 準備は、整っていますか?

 「確かに時間は無い。 時間の無駄は出来ない。 クルーの個性を如何に巧くミックスできるかが、鍵だと思う。 それに我々は、ファンとのコミュニケーションを巧く取れるかも重要な課題だ」

 「このチームは、8月に華々しくデビューする。 手始めに、Fastnet レースに出る積り。 その時は、ベテランにも乗ってもらうが、メインは若手のステップ・アップにしたい」

オリジナル記事は、こちらです。

M101438_crop169014_1024x576_proport

海の塵

|

« Volvo に獲り付かれた男!(1892) | トップページ | SHK号のDavid Witt 艇長! (1894) »

Volvo Ocean Race」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/65504409

この記事へのトラックバック一覧です: プラスチック塵チーム発足!(1893):

« Volvo に獲り付かれた男!(1892) | トップページ | SHK号のDavid Witt 艇長! (1894) »