« SHK号のDavid Witt 艇長! (1894) | トップページ | Tuekさんの続き!(1897) »

2017年7月11日 (火)

20歳の新人!(1895)

Piggott

結構ヤバイ将来を手にした 若い船乗り、Ben Piggott 君と逢ってきた。

 何の気どりも無いが、才気のある21歳の若者が、Volvo Ocean Race 2017-18に 香港のSHK Scallywagチームのクルーとして参加することが決まった。

 Piggott君の役割は、バウ・マン*である。 しかも彼は、SHK Scallywagチームの最初に名前が挙がったクルーでもある。 彼は、David Witt艇長から強い推薦があったのだ。 David Witt艇長は、若い船乗りを育てる名手としても名高い。

 「初めて船に乗った時は、それこそ最下級船乗りだった。 船の事は、全くの独学です。 ある時、船の回送をする仕事が来たんです。 それも45000マイルもの長距離でした。 まるで外洋レース見たいでした。 でもVolvo Ocean Raceとは、全く別物ですがね」

Volvo Ocean Raceに出場すると聞いたときは、どんな感じでしたか?

 「まるで夢のようで、信じられません。 だってVolvo Ocean Raceなんて、ビデオで見るものと思ってたから。 何時かはあのレースに出たいとは思っていましたが、今現実になろうとしているなんて」

David Witt艇長によると、彼が選ばれたのは、運が良かったと言うだけでは無さそうだ。 

 「前のレースで、優勝したAbu Davi号の Ian Walker艇長に 同じような若いクルーを推薦し、見事に働いでくれた事があった。 Piggott君も、その彼の様な才能を感じたんだ。 いや、彼以上かも知れない」

 「私は、最高の船乗りを集めてチームを創る気はしない。 隠れた才能ある者の才能を咲かせたい。 そして偉大な船乗りでは無く、チームの一員としてしっかり役割を果たせる人を育てたいんだ」

Ben Piggott 君は、その資質を持っているようだ。 もう迷うことなしに、君の夢を実現して欲しい。

オリジナル記事の抜粋 

注;バウ・マン; ジブ・セール、スピネーカーのセットや回収など、主に船首のデッキ作業を行うクルーである。

|

« SHK号のDavid Witt 艇長! (1894) | トップページ | Tuekさんの続き!(1897) »

Volvo Ocean Race」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/65521051

この記事へのトラックバック一覧です: 20歳の新人!(1895):

« SHK号のDavid Witt 艇長! (1894) | トップページ | Tuekさんの続き!(1897) »