«  AkzoNobel 号のギャンブル! (1909) | トップページ | Fastnet Raceで、Dongfeng号優勝!(1911) »

2017年8月 9日 (水)

Dongfeng号、1位で回航!(1910)

Dongfeng1st

2017年8月7日

中国のDongfeng号が、最初にFastnet Rockを廻った。 オランダの AkzoNobelが、1.5マイル後方で2番目だった。(これは、昨日の記事の航跡図で解ったいましたが)

 残念ながら天候は穏やかで、砕ける大波とサーフィング状態の勇ましい画像は無かったようだ。 Dongfeng号は、前の晩からの巧みなセーリングの結果こうなったのだ。

 Dongfeng号もAkzoNobel 号も、経験豊かなチームである。  AkzoNobel 号は、Volvo Ocean Raceの経験は23年の蓄積があり、Dongfend号も18年もあったのだ。

 Dongfeng号のクルーの大半は、前回のFastnet Rockレースの経験者である。 その為この様な弱い風の中で、船の走らせ方を良く心得ているのだ。

 昨夜は スペインのMAPFREも頑張っていた。 ケルト海では西寄りのコースを選んだが、幸いにもこのコースの風は、メイン船団の風とは少し異なっていた。 この風に乗り、MAPFRE号は、再び先頭集団に返り咲いてきた。 

Fastnet Rockを回航した順位と時間;

Dongfeng 号; 06:58
kzoNobel号: 0 7:06
MAPFRE:号; 07:18
Sun Hung Kai/Scallywag号: 07:22
Team Brunel:号 07:30
Vestas号: 07:30:30 ( Brunel号との差30秒)
Turn the Tide on Plastic号; 07:55

 その後は、15ノット追い風、最大のセール(A3 ジェネ―カーを)を張って20ノットで走っている。 次の目標地 Scilly 群島を直接目指さず、速度を落とさぬよう南に向かった。
MAPFRE号は Dongfeng号や AkzoNobel号より、 少し東寄りを選んだ。 果たして結果はどうなるのだろうか?

オリジナル記事は、こちらです。 

動画は、こちらです。

Map20170809

結果は、まだ教えないよ!

|

«  AkzoNobel 号のギャンブル! (1909) | トップページ | Fastnet Raceで、Dongfeng号優勝!(1911) »

Volvo Ocean Race」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/65642548

この記事へのトラックバック一覧です: Dongfeng号、1位で回航!(1910):

«  AkzoNobel 号のギャンブル! (1909) | トップページ | Fastnet Raceで、Dongfeng号優勝!(1911) »