« Dongfeng号、1位で回航!(1910) | トップページ | 第3戦、スタート!(1912) »

2017年8月 9日 (水)

Fastnet Raceで、Dongfeng号優勝!(1911)

Owari

2017年8月9日

中国の Dongfeng 号が、Fastnetレースで僅差で優勝! 2位のMAPFRE号との差は、僅か56秒だった。

 MAPFRE 号と Dongfeng 号の両艇のレースのスタートは、完璧だった。 そしてVolvo 艇は、激しい戦いの後のフィニッシュでは互いに数メーターしか差が無かった。

Dongfeng 号のフィニッシュは、9日(水)の朝4時18分10秒。  MAPFRE 号は、4時19分6秒だ。

Volvo Ocean 65s in the Rolex Fastnet Race (corrected times)結果;:

1. Dongfeng Race Team: 2 days 15 hours 38 minutes 10 seconds
2. MAPFRE: 2 days 15 hours 39 minutes 06 seconds
3. Team Brunel: 2 days 15 hours 45 minutes 47 seconds
4. team AkzoNobel: 2 days 15 hours 52 minutes 40 seconds
5. Vestas 11th Hour Racing: 2 days 16 hours 09 minutes 11 seconds
6. Sun Hung Kai/Scallywag: 2 days 16 hours 13 minutes 53 seconds
7. Turn the Tide on Plastic: 2 days 16 hours 17 minutes 32

 トップと7位の差は、39分しかなかったのだ。

 Dongfeng号のCharles Caudrelier艇長は、次の様に語っていた。

 「Fastnet Rockでは、リードしていた。 回航後もリードを保つ事が出来た。 しかし突然黒雲に覆われ、状況が一変して、最後になってしまった」

 「その後別の雲が出て来て、リードを取り戻すことが出来た。 でもMAPFRE号だけは、ピッタリと傍に張り付いていたよ。 すぐ追い抜かれたが、その後また追い越すことが出来た。 あの時のMAPFRE号との闘いは、面白かった」

MAPFRE 号の Xabi Fernández 艇長は、次の様に説明してくれた。

 「トップを逃したのは、フィニッシュ寸前の突風だった。 Dongfeng号は、MAPFRE号より速くCode Zeroの大きなジブ・セールを降ろすことが出来た。 その間に抜かれてしまったんだ」

 「我々は大きなセールを揚げた状態で、20ノットの風に襲われた。 Dongfeng号は、既に小さなジブ・セールに換えていたんだ。 チョットした差だったけどね」

 3位は、オランダのBrunel号だ。 Bouwe Bekking艇長は、次のように語っていた。

 「練習不足の割には、良く走れた。 互いに注意を払い、チームの力を最大限出してくれた。 良い勉強になった」 

Overall Leg Zero でのランキング

MAPFRE 15 points
Dongfeng Race Team 13
Team Brunel 13
team AkzoNobel 11
Vestas 11th Hour Racing 7
Turn the Tide on Plastic 6
Sun Hung Kai/Scallywag 5

オリジナル記事は、こちらです。

|

« Dongfeng号、1位で回航!(1910) | トップページ | 第3戦、スタート!(1912) »

Volvo Ocean Race」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/65643184

この記事へのトラックバック一覧です: Fastnet Raceで、Dongfeng号優勝!(1911):

« Dongfeng号、1位で回航!(1910) | トップページ | 第3戦、スタート!(1912) »