« 第3戦、スタート!(1912) | トップページ | 第4戦スタート! (1914) »

2017年8月12日 (土)

MAOPFRE号、第3戦も勝利! (1913)

Mapfrewin_2

2017年8月11日

スペインのMAPFRE号が、Saint Malo レースで優勝。 三つのLegで、優勝2回。 そして2位が一回。 絶好調である。

 MAPFRE号が、城砦都市Saiant Maloのフィニッシュ・ラインを切った時は、2位のBrunel号との差が7マイル、時間差で40分だった。

 MAPFRE号の艇長Xabi Fernandez さんは、次のように言っていた。

 「この結果に満足している。 最初から調子が良かった。 外洋までのルート選びも良かったし、風も良かったし、潮流も何とか乗り切る事が出来た。 他の船が、潮流に悩まされているのを見てこれで勝てたと思った」

 「第2戦は、凄い接近戦だった。 今年は接近戦が当たり前のようだ。 各チームの力量が近いから、勝敗を決めるのはちょっとした事なのだと思う。 練習の賜物だよ」

 MAPFRE号は、Vestas号とTurn the Tide on Plastic号と一緒に外洋に向かって南に下った。 他のチームは反対に沿岸に沿うルートを選んだ。 その結果沿岸組は、ジャイブ回数が多くなってしまった。 

 その後、風の無い海域に悩まされた。 その海域をいち早く抜け出ることが出来たのも、MAPFRE号だった。 16ノットと快調に滑り出した。

 英国海峡を越えると、フランス沿岸の強い潮流が待ち構えていた。 潮流に乗った船は、突然13ノットから19ノットと速度が上がった。 まるで川下りの様な勢いで走りだした。

第3戦の結果

1. MAPFRE finish time 06:29 UTC
2. Team Brunel 07:10
3. Dongfeng Race Team 07:19
4. Vestas 11th Hour Racing 07:28
5. Team AkzoNobel 07:32
6. Turn the Tide on Plastic 08:35 (非公式)
7. Sun Hung Kai/Scallywag 09:08 (非公式)

  
 Turn the Tide on Plastic号の艇長 Dee Caffari.さんは、次様に言っていた。

 「Saint Maloのレースは、短かったけれど面白かった。 潮流との戦いとか、一般船が多いので、危険な場所も多かった、 ナビゲーターには、とても良い訓練になったと思う」

第3戦を終えて、総合得点

1. MAPFRE 23 points
2. Team Brunel 20
3. Dongfeng Race Team 19
4. Team AkzoNobel 15
5. Vestas 11th Hour Racing 12
6. Turn the Tide on Plastic 9
7. Sun Hung Kai/Scallywag 7

オリジナル記事は、こちらです。

Volvo Ocean Raceのスタートは、2017年10月22日です。

|

« 第3戦、スタート!(1912) | トップページ | 第4戦スタート! (1914) »

Vendee Globe」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/65655230

この記事へのトラックバック一覧です: MAOPFRE号、第3戦も勝利! (1913):

« 第3戦、スタート!(1912) | トップページ | 第4戦スタート! (1914) »