« AkzoNobel号、第3位! (2012) | トップページ | 総合得点表! (2014) »

2018年1月21日 (日)

Vestas号の事故、詳細!(2013)

Accident

2018年1月21日

 ボルボ・オーシャン・レースのレース・ディレクター Phil Lawrenceさんが、Vestas号と中国の漁船との衝突事故に関して、新しい情報を提示した。

 レース艇との衝突で、悲しい事に一人の方がな亡くなった。 彼のご遺族に対して、深く哀悼の意を表します。 残りの漁船の乗組員9人は、無事であることを確認しました。

Vestas号の状況;

 Vestas号の乗組員は全員無事で、怪我も無いとのこと。 しかし船体は、かなりの損傷があるという。 漁船の乗組員を救助後、Vestas号は自力で港に向かった。 

衝突の原因は? 航海灯を点けていたのか? AIS(自動船舶識別装置)は、働いていたのか?

 調査中で、不明である。 現在関係各省に問い合わせをしている。

事務局は、このような事故防止のため何かしていなかったのか?

 我々は、レース艇の位置情報をモニターしていたが、一般の船をモニターはしていなかった。

衝突した漁船の状況は解っているのか?

 情報を集めている最中である。 漁船の損傷は、かなり酷いという事だ。 そして漁船は、既に沈没してしまっている。 漁船の乗組員は10人で、10人は救助して病院に送られた。 しかし残念なことに、その内の1人が亡くなった事を確認した。 現在地元の関係各省と連絡を取りながら、更なる調査を行っている。

亡くなられた方の名前は公表されますか?

 現地の事情、習慣等を調べて後に、どうするか決めたい。

Dongfeng号、AkzoNobel号は、救助に参加しなかったのか?

 Dongfeng号が、事故現場に一番近いところに居た。 直ぐに援助の必要性を問い合わせた。 しかしVestas号から、必要ないとの連絡を受けたという。 その確認後に、フィニッシュ点に向かった。

 AkzoNobel号が、現場に近づいた時、コントロール・センターは、Vestas号及び救助隊に対してアシストの必要性尋ねたが、両方から必要無いとの返事だった。 それで AkzoNobel号は、フィニッシュ・ラインに向かった。

Vestas号の乗組員の状況は如何か?

 彼らは、かなり動揺している。 そして事故を起こしたことに対して、深く悲しんでいる。 彼らは、仲間に助けられている。 事務局も要請があれば、サポート担当者を派遣することを考えている。

今後の予定は?

 事務局も Vestas号も、香港警察及び海難救助隊と共に、原因究明を進めて行く積りだ。

オリジナル記事は、こちらです。

|

« AkzoNobel号、第3位! (2012) | トップページ | 総合得点表! (2014) »

Volvo Ocean Race」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564679/66305960

この記事へのトラックバック一覧です: Vestas号の事故、詳細!(2013):

« AkzoNobel号、第3位! (2012) | トップページ | 総合得点表! (2014) »